お知らせ
2020-12-25
【開催案内】公開シンポジウム「社会生活のデジタル改革」(第14回情報学シンポジウム)
--------------------------------------------------------------------■
【主催】日本学術会議情報学委員会
【後援】国立情報学研究所、情報通信研究機構、 電子情報通信学会、映像情報メディア学会、大学ICT推進協議会(AXIES)、 電子情報通信学会東京支部、情報処理学会
【日時】 令和 2年1月13日(水) 13:00~17:00
【場所】オンライン
【参加費】 無料
【定員】300人・先着受付
【事前申込み】要
▶ https://forms.gle/X1ZbVdbhpiffjhdN7
【開催趣旨】
 すでに1年に及ばんとするコロナ禍を契機に、産業、医療、教育等々様々な局面でICTの活用が進められてきました。社会生活は大きくICT技術で変化していく最中にあります。本シンポジウムでは、「社会生活のデジタル改革」というテーマで、情報学分野の最近の研究動向に関連した講演とパネル討論を行い、情報学の発展を促す施策からそのグローバルな社会的インパクトまで、情報学を取り巻くさまざまな話題に関する議論を行います。
【プログラム】
▶ https://sites.google.com/view/scj-i/情報学シンポジウム

第一部 日米欧の情報科学技術施策について
第二部 社会生活のデジタル改革
「DXの現状と展開」青山幹雄(南山大学理工学部教授)
「中外製薬が描くヘルスケア×デジタルの取り組み」志済聡子(中外製薬株式会社執行役員)
「医療現場のデジタル改革:コロナ禍で分かったこと」石川冬木(日本学術会議連携会員、京都大学大学院生命科学研究科教授)
「教育現場でのデジタル改革」松下佳代 (日本学術会議会員、京都大学高等教育研究開発推進センター教授)
 パネル討論:
  司会 相澤清晴(日本学術会議会員、東京大学情報理工学系研究科教授)
  パネリスト 上記講演者及び山本里枝子(日本学術会議会員、富士通研究所フェロー)

【問い合わせ先】
 日本学術会議情報学委員会
 メールアドレス: scjinfomatics@gmail.com(情報学委員会)
2020-12-11
・日時:2021年 1月14日(木)10:00-18:30

・場所:東京医科歯科大学鈴木章夫記念講堂
    (JR、東京メトロ、御茶ノ水駅下車3分)
    ネット同時配信を行います

・定員 150名(会場:500名の定員を1/3に制限しています)
    1000名(オンライン)

・主催:日本学術会議
    日本学術会議防災減災学術連携委員会、土木工学・建築学委員会
    防災学術連携体(58学会)

・開催趣旨:
 2011年東日本大震災の甚大な被害から十年が過ぎる。この期間にも日本の
 各地で多くの自然災害が発生した。これらの災害について、多くの学会は
 調査研究、記録、提言、支援などを続けてきた。大震災後10年を迎えるに
 あたり、防災学術連携体の各構成学会と防災減災学術連携委員会の委員が、
 東日本大震災の経験とその後の活動への展開を振り返り、今後の取り組み
 について発表する。同時に、防災学術連携体の前身である「東日本大震災
 の総合対応に関する学協会連絡会」の30学会共同声明(2012年5月)を振り
 返り、今後の防災・減災、学会連携について議論する。

・次第:▶ http://www.scj.go.jp/ja/event/2021/299-s-0114.html

・参加費:無料

・要・事前申し込み:以下のURLからお申し込みください。        
▶ https://ws.formzu.net/fgen/S16396674/

・問合せ先:
 防災学術連携体事務局 中川寛子 電話:03-3830-0188
E-mail:office*janet-dr.com (*を@に変更)
2020-10-28
先日会員の皆様にお送りしました総会資料に一部誤りがありましたので、お詫びいたします。
お手数ですが、修正をお願い致します。

<追加修正>
理事に欄に、中村孝之氏(関西支部長)のお名前が抜けておりました。追記願います。

総務委員長 白石光昭
2020-10-26
第27回 卒業作品展の公開期間は終了いたしました。
ご参加ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。
次回は会場で皆さまにお会いできることを楽しみにしています。

日本インテリア学会 表彰委員会
2020-10-22
第66回建築人間工学研究会
トイレの建築人間工学-オリ・パラは未来に何を残すのか-」のお知らせ

主査 布田 健
=================================================================================
東京2020オリンピック・パラリンピックの大会まで200日をきり、
「世界最高のユニバーサルデザイン」を理念に掲げた新国立競技場が完成した。
また、有明アリーナなどの競技施設も着々と完成を迎えている。
さらに、空港や駅、宿泊施設といった公共空間の整備も進み、
今まさに、将来のスタンダードとなる技術や取組みが生まれている。
これはトイレにおいても同様である。
そこで本研究会(第66回建築人間工学研究会)では
「トイレの建築人間工学」シリーズの一環として、
「オリ・パラは未来に何を残すのか?」と題し、
主題解説として、東京での新たな取り組みの紹介を大谷氏から、
オリンピックをエポックとする新技術の紹介を長谷氏と松本氏から、
新国立競技場の整備状況とトイレの実例紹介を川野氏から、
それぞれ建築人間工学の視点から講演して頂く。
続くパネルディスカッションでは、主題解説を踏まえて、
レガシー(遺産)となる技術や将来展望について広く議論し、情報を共有する場としたい。

【主題解説】
1.オリンピック・パラリンピックに向けた東京での新たな取り組み  大谷 剛弘(東京都オリパラ準備局)
2.オリンピックをエポックとする新技術の紹介           長谷 寛(TOTO株式会社) 松本 新(株式会社LIXIL)
3.新国立競技場の整備状況とトイレの実例紹介           川野 久雄(大成建設株式会社)
==================================================================================

ご関係各位にもご周知の上、参加お申込み頂けましたら幸いです。

日時:11月27日(金) 13:30~17:00
会場:オンライン(ZOOM:アクセス方法は直前にメールにてご連絡いたします)
会費:会員1,200円、会員外1,500円、学生1,000円(資料代含む/事前クレジット支払い)
申込方法:Web 申し込み https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=637003 よりお申し込みください。
2020-06-08
会員各位                                               2020年6月8日

                                         日本インテリア学会 会長 直井 英雄
  
          新型コロナウィルスの影響による本年度の学会運営及び大会中止に関してのご報告とお願い

 本年度は4月7日からの新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言を受け、外出自粛や3蜜をさける、といった行動の変容が求められております。皆様も大変ご不便な生活を強いられていると思います。この緊急事態宣言も5月25日に解除されましたが、残念ながら従来のような生活スタイルに戻るには、かなりの時間がかかるものと考えられます。

 本学会においては、毎年年度初め(6月下旬)に予定されておりました理事・評議員会、総会等の開催が困難な状況であると考えております。また、昨年度末から進めております評議員・理事の選挙につきましても、評議員の選挙は各支部のご協力のもと済んでおりますが、理事改選は実施できておりません。このため、会長・副会長の選挙も計画しておりましたが、実施できていない状況であります。

 このような状況に鑑み、本学会の理事に下記の事項について緊急にご審議いただきました。その結果、各審議事項とも承認されましたので、ご報告いたします。本来であれば、総会にて会員の皆様にご審議を願う内容ではございますが、諸般の事情を考慮していただき、ご了承いただきたく存じます。

なお、本年度の大会につきましても、開催支部である関西支部と協議の上、会員各位の健康と安全に配慮し、理事による審議の結果、開催中止を決定いたしました。ただし、大会の開催は中止いたしますが、梗概集の発行は行い、梗概集原稿の提出をもって大会発表に代えたいと考えております。梗概集の募集については、今後お知らせする予定でおります。

                            記

審議事項1:新理事選挙の延期
本年度は現体制(会長・副会長・現理事・現監事・現評議員)の役員が職務を負うものとし、新理事選挙は1年延期とする。なお、新評議員の選挙結果は現理事にすでに確認されているので、そのまま、次年度に行われる新理事選挙の被選挙人とする。また、新評議員及び1年後に選出される新理事の任期は2年とする。(これは、今回の評議員投票時において、令和2~4年度の任期として選挙を実施したためである。)

審議事項2:臨時理事会の延期(新理事が未決になるので、会長・副会長選挙も次年度に繰り越す)
臨時理事会は新理事の中から会長・副会長を選挙で選出することが目的となるが、上記新理事選挙の延期により、1年後に行われる新理事選挙を受けて開催することとする。

審議事項3:2020年度第1回理事・評議員会及び2020年度総会の中止
2020年度の理事・評議員会及び総会を中止する。ただし、会員に対しては、審議事項の結果を適切な方法で報告し、了解を得るものとする。

審議事項4:2019年度事業報告(案)及び決算報告(案)の承認
2019年度事業報告(案)及び決算報告(案)については、理事による承認をもって成立したものとする。
(現在、コロナウィルスの影響により監査は実施していないが、この状況が落ち着いた段階で監査を速やかに実施するものとする。)

審議事項5: 2020年度事業計画(案)及び予算(案)の承認
2020年度事業計画(案)及び予算(案)については、理事による承認をもって成立したものとする。             以上




2019-12-28
2019年11月13日(水)-17日(日)タチカワブラインド銀座スペース オッテ
▶第26回卒業作品展2019 巡回展の様子


2019-11-05
日本インテリア学会 第31回大会(広島)にて、理事・座長による審査の結果、以下の準会員(学生)による優秀な発表に対し「学生発表奨励賞」を授与しましたので、お知らせいたします。今後の更なる研究の発展と社会でのご活躍を期待します。この度は、誠におめでとうございました。

家船の大小の違いによる船上の設備の違いについて -広島県尾道市吉和漁港の家船の居住環境の研究-
松浦直哉(広島工業大学大学院)・平田圭子

震災避難者の居住環境に関する研究 -復興公営住宅のコミュニティ計画とデザイン-
岡部真純(日本大学大学院)・市岡綾子

バリアフリー効果の見える化手法に関する研究 その5 -評価法確立に向けた廊下および段差歩行実験-
杉山遥(千葉大学大学院)・吉岡陽介・白石光昭・布田健・高橋正樹・上野弘義・馬淵大宇・直井英雄

小学校における落ち着ける居場所づくりの報告 -特別な支援を必要とする児童のための学習環境づくり その1-
佐藤里咲(千葉工業大学)・荒井みなみ・橋本都子・上野佳奈子

落ち着ける居場所の効果に関する検討 -特別な支援を必要とする児童のための学習環境づくり その2-
荒井みなみ(明治大学)・佐藤里咲・橋本都子・上野佳奈子

<発表順・敬称略>

2019-10-09
丸善出版より日本デザイン学会編『デザイン科学事典』刊行のお知らせです。
本事典はデザイン(設計)行為に関する知の統合、法則性の解明、デザイン行為に用いられる知識の体系化を図る「デザイン科学」に関して、その重要なトピックや手法、成果を読み切りの項目で掲載する、日本初の「中項目事典」として刊行されます。
本学会会員には、丸善出版より特別価格にて提供されますので、下記URLより会員専用の注文書によりお申し込みください。

▶https://www.maruzen-publishing.co.jp/info/n19634.html

・書籍概要
日本デザイン学会編 『デザイン科学事典』
〇会員特別価格 18,000円+税
(※定価:本体20,000円+税)
978-4-621-30377-1
A5版・上製・函入・728ページ